事業所得と役員報酬の違い

 1.事業所得・役員報酬とは?


 ①事業所得とは

   個人事業主の場合は、事業収入から必要経費を差し引いた金額が事業

  所得となり、この所得から青色申告特別控除(最大65万円)を差し引い

  て課税所得を計算します。

   その課税所得に所得税・住民税の税率を乗じて税金計算します。

 

 ②役員報酬とは

   個人事業主が法人成りをして会社を設立した場合に、個人事業主は役

  員となります。会社から給与(役員報酬)を受け取ることになり、役員が

  受け取る役員報酬は給与所得として所得税と住民税が課税されます。   

 

 2.事業所得と役員報酬の違いは?

   

   事業所得は前述したとおり、事業収入から必要経費および青色申告特

  別控除を差し引き所得税及び住民税の税率を掛けて税金を算出します。  

   法人成りをして個人事業主が役員となり会社から報酬をいただく場合

  は、今までの個人事業主の事業所得が、会社の所得(法人税の対象とな

  ります。)と会社から受け取る給与所得(社長の役員報酬)の2つの課税 

  区分に分類することとなります。


  【個人事業主】


   収入 - 必要経費 青色申告控除 =①所得(利益)所得税の対象


  【法人】


   収入 -  経費   役員報酬  =②所得(利益)法人税の対象

          

              役員報酬  =③所得(給与)所得税の対象


    

    ①と②+③のどちらが少ないかで法人成りの有利・不利を判定  

    します。また、個人の可処分所得も考慮してください。

    個人事業主は、所得の金額によって事業税もかかりますので考慮

    して下さい。